家計診断をする

スマホの液晶画面

家計診断を行うべき理由とは

収入を増やすことが難しい昨今、無駄な支出を節約することが一番の貯蓄への近道であります。我が家には無駄な支出なんてないと言える方はどれくらいいるでしょうか。そして本当に無駄な支出は無いのでしょうか。支出は大きく分けて固定費と変動費に分けることができます。固定費とは家賃や通信費の様に毎月決まっている支出です。金額は変動しても光熱費は毎月決まって支出するので固定費となります。多くの場合固定費を節約することは難しいのです。しかしながら、節約できれば長期にわたって節約効果を得られるためメリットが大きいのも特徴です。変動費とは毎月変動する支出の事で食費や交際費などの支出となります。例えば、食費は外食が増えれば増加傾向にあり、自炊をすれば減らすことができますが、その月々で大きく変わってきます。普段外食が多い人が一時頑張って自炊を続けてもしばらくすると戻ってしまう可能性がある、こんな性質の支出です。

どのように行えばよいのか

では、どのようにして家計診断をしてみればよいのでしょうか。まずは費目ごとにどのくらいの支出があるのかを抑えることが大切です。固定費は節約が難しいと言いつつも節約できればメリットも大きく、ストレスも伴わないことが多いので是非チャレンジしてみましょう。例えば保険の見直しは効果が出しやすくおすすめです。プロによる無料相談サービスも多いので是非利用してみましょう。また、住宅ローンの借り換えも場合によってはとても効果的です。最近は低金利が続いておりますので、金利が下がる前に借りていた方は好機と言えます。他にも通信費の削減は割と簡単に行えます。例えばスマートフォンを利用している方で家に固定回線もある方。そんなに通信量が多くないのであればスマートフォンのテザリング機能を有効活用すれば家の固定回線は無くても良い場合もあります。また、最近はMVNO業者による低価格で利用できるスマートフォン等もありますので、利用方法によっては大きな削減効果が期待できます。家計診断は面倒かもしれませんが、月1万円削減出来れば年間で12万円もの削減が期待できます。是非チャレンジしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加